ドレスの基礎知識について知っていること

ドレスといってもひとくくりにしてしまってはもったいないと思います。私は某教会にてブライダルプランナーのアシスタントというアルバイトを過去に経験しましたが、そこで見たドレスといえば、お客様がきているドレスもあれば、皆が憧れるウエディングドレスもありました。この中で今回はお客様がめされていたドレスについて書こうと思います。まずウエディングの中にもマナーありで、花嫁さんの真っ白いドレスが主役であるために、白いドレスを着てくる事はタブーだということです。このことはだいたい結婚式に参列する方は知っているかとは思います。やはり主役を建てるためにそういった暗黙の了解は守るべきだと思います。更には、白い色に近いベージュも実はグレーゾーンであり、これはあまり知られていない事実だと思います。というのも、遠くから見れば若干白く見えることと、ウエディングドレスにも、純白のものとオフホワイトのものがあり、オフホワイトの場合、意外とベージュに近いように感じるかも知れないということで、なるべく避けた方が良いそうです。また、ドレスに組み合わせる靴にもマナーが実は隠されていて、オープントゥーはタブーなんだそうです。

しかしながら最近の方々はそこまで気にされておらず、オープントゥーを履かれている方が結構いました。本来ならば、しっかり足先もかこってあるものが普通であり、下品にならないそうです。ドレスにも更に一次会用と二次会用では少し違っていたりもしました。二次会から誘われた方のドレスは、結構ラフ目の方もおり、騒ぎやすいということなのでしょうか。普段でもぎりぎり着こなせそうな大人ファッションのワンピースで来られている方も割といました。結婚式に参加ということで、きっとドレスに分類される領域なのかもしれません。

皆さんは驚くことに、ドレスがかぶっているかたを全く見受けませんでした。そんなにドレスを販売しているお店はないと思うのですが、多くのお客様を呼んでいる式でもきっちり色もかぶらず、それぞれの個性を生かしたドレスをめされていました。それには私もびっくりしたのを覚えています。生地は基本的に光沢の若干あるものを皆様きており、ベロア素材などの生地をめされている方はほとんどおりませんでした。冬場はそちらの方が暖かいとは思うのですが、安くても2から3万円ほどするドレスにベロア素材となるともっと高くなってしまうのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*